澤・紅林公認会計士事務所

H16年度の主な法人税関連の改正


 欠損金の繰越控除期間の延長

  繰越期間が5年から7年に延長されました。
  H13.4.1以後に開始した事業年に生じた欠損金が対象となります。


 帳簿書類の保存期間の延長

  改正前は帳簿書類の内、注文書等の書類については保存期間が5年でしたが、
  帳簿書類の保存期間は一律に7年となりました。
  H13.4.1以後に開始した事業年の帳簿書類が対象となります。


 更正の期間制限の延長

  脱税の場合を除く過少申告に対する税務署による更正が可能な期間が
  3年から5年に延長されました。


 連結付加税の廃止

  連結納税の場合の2%の付加税が廃止されました。


 相続した非上場株式の会社への譲渡の特例

  相続した非上場株式を会社へ譲渡した場合(会社が自己株として取得する場
  合)、みなし配当課税の対象でしたが、みなし配当課税は行わず譲渡所得とし
  て課税されることとなりました。これにより譲渡者は低い税率の適用が可能とな
  りました。H16.4.1以後の相続にかかる株式の譲渡が対象となります。


戻る